This Archive : 2010年12月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2010.12.11 *Sat

ボーナスとかお金とかアレコレと

僕の勤めている会社では、昨日、ボーナスが支給された。
会社の業績によって、ボーナスが多い、少ない、又は支給されない等、様々な方がいらっしゃることと思うが、僕自身は夏に比べて10万ちょっと下がった。
おそらく、ボーナスが多くて笑顔がこぼれるという方は少なく、社会全体としては支給は減少しているだろう。

と思い、ちょっとインターネットをのぞくと、DODAの調査では、3年連続で年収が低下しているそうで、「ITエンジニアと金融系職種の減少が目立ち、案件減少による残業代のカットや、ボーナスの減少幅が大きいことが背景にあるようです。一方、昨年に比べて増加したのはメディカル系職種で、不況の影響を受けにくく、マーケットが成長していることが関係していると考えられます」とのこと。

ちなみに、平均年収ってどんなもんだろう?と調べてみると、そこかしこに色々な金額があるわけだが、一つの指標として、以下のものを当てにしてみる。

年齢    男性(万円) 女性(万円)
70歳以上   374     225
65~69歳   387     201
60~64歳   479     217
55~59歳   595     251
50~54歳   629     269
45~49歳   620     274
40~44歳   579     282
35~39歳   497     285
30~34歳   427     291
25~29歳   355     289
20~24歳   256     230
19歳以下   148     110
平均     500     263

※国税庁 平成21年 民間給与実態統計調査結果より

これだけを見ると、結構勇気が湧く人も多いのではないのだろうか?
ちなみに、僕の世代の年収で見れば、僕も、僕の周りの人間も十分超えていることになる。
これを業種別とか、企業別で見ると、もちろん大きなショックを受けるのだが。

このハナシの関連として、今日話をしていたお客さんの話では、退職金で1000万円程度かかる世界一周旅行に行く人が増えているらしい。

近年定年される方の退職金は僕たちがもらえるであろう金額よりも大分多いだろうと思われるが、それにしても退職金が億単位でもらえる訳でもないだろうに、そのうち1000万円使おうというのは恐れ入る。

当たり前の話だが、定年した後はパートでもしない限り収入がなくなる訳で、基本的には年金で生活することとなる。

厚生年金であれば、おそらく20万円~24、5万円くらいの人が多いのだろうが、それに加え、個人年金を頑張って掛けていた人は余裕があるだろうから、こういった贅沢が出来るのだろう。
個人年金をそろそろ考えなくてはならない年齢にはきている。

僕たちの頃の年金は果たして20万もあるのだろうか?
それを考えると、貯金か個人年金や積み立て型の保険のようなものか、若しくは家賃等による定期的な収入といった何らかの手段を考えていかなくてはならない訳で。

しかし。

お金というものは、足なのか、羽なのか、何かが生えていて、気が付くと思っているよりなくなっている。

まあ、飲みにいったり、ゴルフしたり、フットサルしたり、外食したり、服を買ったり、なんだかんだ使ってはいるが、しかしというか、やはり何か生えているのだろう。


ただ、結局老後の心配を今から想像して、今やりたいことを制限して貯金をするのが正しいのか、今若いうちだからこその欲求というものは必ずあって、老後に同じ欲求が存在するかといえば、貯金するのが正しいのかよくわからなくなる。

もちろん、バランス、比重、という意味で、である。


という訳で。


僕は若いうちに楽しんで、定年後は掃除のオジチャンでもやることにします^^;


石川遼クンみたいな子供が出来んかねー^^;
スポンサーサイト
16:31CM(0)TB(0)EDIT

2010.12.06 *Mon

立場変われば

前回の記事を友人数名に見せ、意見を聞いたとき、予想通り多少の賛否があった。

僕のいう、少数意見と弱者の関係性の議論と、多数意見で進めていかなくてはいけないという論調に対し、強引、立場変わればというような見解があった。

僕の人間性を知り、僕と対話している人間は、普段の僕を知っている。

なので、ハナシをすればすぐに意図を理解してくれる。

が、ブログを読んでくださっている方には、僕の文章能力の低さもあり、なかなか意図が伝わりにくくて申し訳ないと思う。


一言で言えば、僕ならば、明らかに極少数の自分個人、本位の意見であり、多数の正当性のある意見であると自分で解釈したならば、多数のために自己犠牲はやむを得ない、と自分は納得するという前提の下に、それを主張している。

もっと言うならば、個人の主張を少し抑えて、全体のためにある程度我慢したり、意見を取り下げていく協力という概念がもう少し出てこないと、自己主張と己の幸福だけを考えていたら、社会の機能は本当におかしくなっていくと思うのである。

ゴネ得の社会も、徐々に直っていくような気もするが、どちらにしても高齢者の社会になり、税収と補償のバランスは悪くなる一方だろう。

国の借金も、当然減らさなくてはならないのだが、税収が予算を上回るのは、いつになるのか、検討もつかない。

アメリカの一時的なITバブルのようなものでも期待するしかないのか。

そういった世の中の背景を考えると、本当に必要な補償であるとか意見は大事にした上で、しっかりと、資本主義にのっとった社会をつくり上げていかなくてはならない。

自分が頑張って働かなくては、メシは食えないのである。

国や、親や、誰かに頼って、期待して、ではなく、個人が強くなっていく社会にならなくてはいけない。

昔の人はもっと貧しく、もっと医療や補償や様々なサービスや娯楽もない中で、一生懸命に生きていたと思う。
生きることに執着し、余計なことを考えるヒマがなかったのかもしれない。

今は裕福すぎる社会のため、逆に働く意欲がそがれ、甘えがあり、我慢がなく、弱い人間が育つ社会になっているのだろうが、こんな時代だからこそ、強くなっていかなくてはならない。

強い人間とは、自分の弱さを認めることにあるのかもしれない。

弱くて、何も出来ない自分、甘い自分、我慢が足りない自分、それを理解してあげ、自分を救ってあげることにあるのかもしれない。

それが強さ、なのかもしれない。

ちなみにタイトルの立場変われば、であるが、僕は家族に障害者がいて、補償を受けていた。

過去形。である。

国からの補償が出ることは、決して悪いことではないが、果たして障害者を抱えた家族が、お金を欲しているのかはわからない。

少なくとも、僕や、僕の親はそうではなかった。

必要以上のお金を頂けるので、生活は楽になるが、なければ生活ができないかと言われれば、そうではない。

貧乏なのは他の理由であり、僕が実家にいたときはもちろんお金を入れることで、生活は出来るレベルになった。

誰かの手助けなどなくても、たいていの人間はなんとか出来るのである。

という意味では、感情論で、心情的に、ココロのケアのため、ではなく、個人が出来ることを頑張って、強くなり、我慢もした上で、本当に必要な補償とか、救済をしていき、それ以上の排他的に増える要望はある程度切り捨てて前に進む、それを発信する嫌われ者が出てこないと、この社会の健全性とこの国の健全なお金(税収と予算と借金返済)について、何も解決していかないと思う。


僕は、このブログ以外もブログをやっていて、誰かの胸に何かのメッセージが届けば、という想いで続けているが、別の場所で、度々交流しているある若者が、悩みから自傷行為をしていると聞いた。

周りの人間が楽しく好きに遊んでいる環境で、そうできなくなっている自分の「環境」をうらみ、希望をなくし、前を向けない。
親、兄弟などの人間関係も希薄になっている。
親が離婚し、自分の人生を優先する。

この若者が望んでそうなったわけでもない。

ことの大小はあれ、この若者だけの悩みではないだろう。


社会全体の人間関係が希薄になっていて、親も昔に比べれば、自分の人生を優先し、離婚などの選択をする人も増えているのだろう。


個人が強くと書いてきたが、そのために社会がその土台を作り上げる必要があると思っていて、つい、暗くなりがちな、自分を見失いがちなこの世の中を少しずつ良い世の中に変わっていくよう、一人一人が今を一生懸命楽しむこと。

これが必要かもしれない。

もし、この記事を読んで、なんとなく気になった方は、「ココロ」とタイトルで以前に書いた記事がありますので、お時間があったら、そちらもゼヒご覧下さい^^

最近はマジメなハナシばっかだから、次はライトな記事にしたいとオモイマス^^;
15:15CM(0)TB(0)EDIT

2010.12.02 *Thu

少数派・多数派

そもそも民主国家である我が日本において、多数意見にて物事を決定する文化が根底にあると思う。

多数決の正当性について考えれば、一方で少数意見を切り捨てるということがセットで必要となるのは致し方ない。

もちろん、多数意見を尊重すること自体には違和感はないし、また、逆に少数意見が全て間違いであるとは当然思わない。

安易に多数意見になりがちな意見を深く掘り下げてみると、少数意見が正しかった、こんな事例は日常的に誰しも遭遇しているのである。

ただ、少数意見の多くは、独自の考え方やレアケースに拘っているものもあり、それを議論の中心に据えると話し合いが一向に進まなくなる事例も多い、と個人的には感じる。

要するに、多数意見に頼らざるを得ないのは、全ての人の価値観を同一、均一にすることが非常に困難であるから、と思うのである。

そして、多くの人の利益のために、一部の人に不利益が生じる、こういったことが当然に発生し、それでも多くの人を救済するために前に進まなくてはならない。



僕は、少数意見を糾弾し、弱者を切り捨てて世の中が進むべきだとはっきり提唱することは、人道的、心情的には非常に心苦しい。


が。


例えば、救済措置の方法と対象についてはもっとよく議論すべきである。

これは皆様がよくご理解されていることだと思うので、具体例は上げないが、生活保護等について必要な家庭が必要な金額を必ずしも受け取り、そうでない人が受け取っていないか、こういった事態には、対策側の見識の甘さが露呈されている訳である。

同じく、少数の方しか利用しない、公共性の低い行政サービスも数多く存在しているのである。


また、昨今の景気低迷で、収入が減少していることで、いわゆる滞納者が増加している。

ローンだろうが、公共料金だろうが、飲食代だろうが、サービスを受けた対価は支払うことが当然である。

収入が減少した、リストラされた等、心情的には理解できる背景は数多くあるだろうが、サービスを受けている、又は受けていた以上、その対価は当然に発生するのだが、これに時効という制度があることにも疑問がある。

もちろん、請求行為に問題がある場合等のレアケースはあるかもしれないが、僕が仕事上で関わる顧客に対して感じるのは、サービスを受けた対価を支払わなくても、それほどの罪悪感を覚えない人が増えている気がするのである。

個人的には、サービスを受けて対価を払わないのは、食い逃げと大差ないのでは?と思う。

食い逃げはもちろん、無銭飲食という犯罪である。

ちなみに、無銭飲食は詐欺罪に当たるそうである。

滞納者を守る時効という制度は、弱者救済なのだろうが、滞納者の多くは善意の第三者とは呼べないのではないか?

そのように感じる。



僕の中で、少数意見を吸い上げていくことは、弱者を救済していくことに少し似ていると思っている。

弱い立場の人を守ろうとする制度は、元々の意図とは反してしまうことがあるし、そもそも資本主義の考え方とは相反している。

資本主義なのか、社会主義、共産主義を含んだ混合主義だろう等と言ったところで、進むべき方向は資本主義寄りであると思う僕には、これまでより国や市町村による社会保障を高めていくのではなく、個人が強くなり、より健全に、働いた人がその対価をきちんと受け取り、労働意欲を掻き立てる社会を作り上げなくてはならないと思う。

所得の多い人から多く税金を取り、色の低い人に回すのは、あまり極端になってしまっては本末転倒、社会主義国家、共産主義国家ではない。


社会主義、共産主義化してことは、個人的にはどうしても悪い想像しか浮かばない。

そうすると。

弱者を多少切り捨てる覚悟で、国全体の保障制度を弱めるという考え方は、少数意見をある程度切り捨てることと似ていると思うのである。

全ての人が幸福になるのが望ましい。

でも、それが難しいとき、少数ではなく多数を救済すべきとすれば。

より正しい多数意見を作りあげること、反対意見を押し切って進む強さをもつこと。


人の顔色を伺っていては、何も決まらずに時間だけが浪費されていく。

今、強いリーダーが求められる時代だろう。

ミスが、一つの言動がやり玉にされ、本来議論されるべき内容と無関係なところで責任問題にばかりに目がいき、前に進む力が弱まっているこの世の中だからこそ、強い精神力を持ち、はっきりと意見を言い、ある程度のところ少数意見を切り捨て、嫌われても前に進む。

そんな世の中にこれからなっていく、成っていかなくてはならない。


心無い意見であると自分でも感じるが、今の時代、そういった方向に成らざるを得ない状況になりつつあるのではないだろうか、そのように思う。

17:54CM(0)TB(0)EDIT


プロフィール

my-10

Author:my-10
ワタクシは、このブログに3つのテーマを設けています。

1つ目は「笑い」です。
まあ、笑いは健康、長寿に良いとされていますし、何より楽しいですよね。
あ、でもワタクシのブログは爆笑を狙っていません。
ややウケ、苦笑い、失笑。
失笑も笑いのうちですから。という持論で展開していきます。

2つ目は「成長」です。
自分はどういう人間になりたいのか。
自問自答していくことで、自己啓発に繋がっていくことが出来ればと思っています。
自分の成長と共に、読んでくださる方に、何か「気付き」に繋がるようなメッセージを送ることが出来れば幸いです。

3つ目は・・・「エロ」です^^;
下ネタがないと面白くもないブログになるので、ところどころに散りばめていきたいと思っています。
クドくならないよう、ソフトに下ネタを混ぜる技術を磨いていければと思っています。
もちろん、そっちの技術も日々進歩していきたいモノですね^^

そんなワケで、太く、長く、固く。
ブログを頑張ってイキたいと思います。

ええ。これが苦笑い、失笑ってヤツです^^; ワラーィ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (1)
時事 (3)
競馬 (1)
サッカー (2)
つぶやき (19)
音楽 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © ethics/bar All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。