This Archive : 2010年11月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2010.11.25 *Thu

ethics/bar

ブログのタイトルである、「ethics/bar」ですが、完全な造語で御座います。

Ethicsは倫理とか倫理学という意味で、ソコにbarをつけることで、倫理についての語り場というなイメージでしょうか。←自分で決めたんだろ^^;

そもそも倫理ってナニ?倫理学てナニ?

ええ。なんのこっちゃですね。

ま。早い話がややこしい人のことですね^^


例えば、僕が18、9の頃、大学で法学部を専攻している友人に、法学部でどんなことを勉強してるの?

と聞いたところ。

まぁ、若い頃ですから。

例えば、女の子がウチに遊びにきたとして、合法的に添い寝的な行為(ええ、アレですアレ^^;)をするには、家に入った時点で合意とみなされるのか、座ったらOKなのか、そんなことを勉強してるよ。

とか言っていました^^


ま。例えがどーなのかというのはおいといて^^;


これを倫理的に考えるとどうなるのか?


倫理とは道徳観念が大きく左右すると思いますので、お互いの合意がなされ、かつ、形式上であってもお付き合いすることが望ましいのではないか。

いや、そもそも、女の子が望んでいたとしたら、そういった形式は必要ないのではないか。



いや、そもそも、知的生命体である人間の場合、恋愛感情その他の感情が左右した上で互いの合意が図られていることを踏まえると、道徳観念からすれば不倫、浮気といった対人関係に支障が無い範囲であれば問題はないのではないか。


いやいや、「人間の性愛は、動物の生殖と機構的・目的的に同一のもの」であることは実証されているワケだが、一方で、恋愛は「遺伝子保存欲求に支えられた繁殖戦略」として認識されているということを踏まえると、実際には繁殖を伴わない性的欲求を満たすだけの行為というもの自体が、もはや一般化している現代において、どのような倫理観を用いたとしても、恋愛のカタチについての道徳観、倫理観を立証すべきということになり、人間が動物としての存続や子孫を繁栄する目的のための行為であることを前提にハナシを進めることに意味を持たないとかなんとか、てかもういいだろ^^;


えー。男的には。

バレなきゃいいだろってハナシですかね^^;


という感じで話すことが、倫理的な話し合いになるのではないでしょうか。多分^^;

ワタクシの言ったとおり。

こんな会話が楽しいなんて、ややこしい人デスヨネ^^ ←お前もなww


倫理学についての解説は沢山ありますが、以下のようなものがワカリヤスイのでないかなぁと。

■倫理学は教義学であり、いうなればひとつのイデオロギーなのである。イデオロギーとは、ことがらの実態を明らかにするようなふりをして、実はある何かを正当化するためにできている説明体系のことだ。このイデオロギーは「なぜ悪いことをしちゃいけないのか」といった問題そのものを認めない。それは、根本前提だからだ。だから、この学問を学んでも、何かが明らかになることはない。……。つまり、倫理学は道徳というものの本質を究明する学問なのではなく、それ自体が道徳的な学問なのである。道徳についての真実を語ろうとする学問なのではなく、道徳について道徳的に語ろうとする学問なのだ。 ■

永井均さんという方がおっしゃてるらしい。


ちなみに、ワタクシは特段、倫理学や哲学などを学んだこともありませんし、それに類する書物なども読みません。


ただ、人間は毎日の生活の中で、常に何らかの選択をしているのだと思います。

自分自身のこともそうですし、悩んでいる友人へのアドバイスや困った人を助けようとすることもそう。

そこには、自分がこれまでの人生で構築した価値観などが、自然と作用され、自分なりの決断が生まれている。

そんな感じでしょうか。


すなわち、自分の価値観や道徳心の捉え方の確立こそが、倫理につながると思うわけです。


もっというなら、自己形成、自己啓発に繋がるのかもしれないし、その先に僕の最大のテーマである、「成長」、「進歩」というキーワードがあるのかと思うわけです。


そう、成長を最も感じる瞬間は。


やはり勃起ですね^^


オイオイ。大丈夫かこのブログ^^;

スポンサーサイト
14:38CM(0)TB(0)EDIT

2010.11.22 *Mon

ノーベル賞は誰の手に

最近の車はシートベルトを付けないとピーピーと音が鳴る。



助手席のシートベルト着用が厳しくなったこともあり、助手席でもピーピー鳴る。





まぁ、助手席に座ってる女性がピーピーとワガママ言ってるときには、ビシッと言いたくなるコトもあるが、それは言えないので、せめてあのピーピーくらいには強気でいきたいものである。





その助手席のシート野郎←強気




重さで人が乗ったかどうか判断しているのだろうが、ナカナカのポンコツぶりである。





仕事のカバン程度でもピーピーと警告を続ける。



運転しながら、そいつ(カバン)には必要ねーんだよ!



とツッコむものの、聞き入れられるはずもなく、こりずにピーピーと鳴り続けるのである。




ナカナカ挑戦的ジャマイカ(´・ω・`)



そう思って。



カバンを少し傾けるなりして、重さを調整すると・・・鳴り止むではないか。





ナカナカ素直ジャマイカ(´・ω・`)



と思っているのもつかの間、少しカバンが傾くたびにまた始まるのである。




気が散るっての^^;





だいたい、僕のカバンには書類が少し入っている程度でかなり軽いと思う。





いやモチロン、その書類は僕のメシの種になっているので、軽いか重いかと言えば、そういう意味では軽くはないかもしれない。





いやしかし。



あんな助手席のピーピー言うだけの装置が、その書類は僕のメシの種で、お前にとって大切なモノなんだろう?とか気を利かしてピーピーいってるそんなナイスガイなのか?





仮にそうだとしたら、重大な契約書なら、紙っぺら1枚でも鳴るんだよな?



ほれ鳴ってみろこの放送禁止野郎!







はぃ。





最近めっきり寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。





ワタクシ。先週の水曜にゴルフに行った後、カゼを引きまして。



こんなときに限って、とはよくいったモノで。



飲み会2回やらメシやらフットサルやら。



忙しいはずのこの5日間が寝たきりでパァですゎ



カワイイコいたんカナ(・∀・)



てなワケで。



カゼを治す薬が出来たらノーベル賞モノだと言いますが。


誰でもいいので、早めによろしくネ(^-^)



またワタクシのような被害者が出る前に(・∀・)


ワラーィ(´∇`)
20:27CM(0)TB(0)EDIT

2010.11.15 *Mon

自己啓発的なコトをアレコレと

自分から見た自分。

他人から見た自分。

他人から見る自分は、時に、自分が思っているよりも素晴らしい人間で、またツマラナイ人間であったりする。

つい先日、親友とも呼べる会社の仲間(もう10年くらいの付き合いになる)と二人でメシを食いに行ったとき、彼にとっては、僕は神のようなイメージであったと言われた。


どうやら。

聖人君子、実直、誠実、といったような意味で言ったようだが、彼からすれば、僕は人に対してとても誠実に接しているように見えるという。

確かに、僕に比べ彼はヤンチャで乱暴者のきらいがあるので、相対的にはそう言えるかもしれないが、僕からすると、彼の方が周囲を明るく楽しませる素晴らしい才能を持ち、それは稀有な存在と言える。

お互い対照的な存在だからこそ、惹かれあっているのだと感じる。


また、次の日、別の後輩が僕のことを同じく神といった。

どうやら、僕の独創的?な理論と断固たる意志の強さ?に、畏怖の念を抱いているらしい。


皮かぶり。じゃなくて買いかぶりだね^^;←間違えようがないだろww


正直、これまでの人生で、自分を神呼ばわりする人間などいるはずもないし、自分で優れた人間だと思って生きてきてもいない。
どちらかといえば、学生時代は様々な劣等感を感じていたくらいである。

ま。二人とも冗談の域を出ないが、それにしても2日続けて神呼ばわりされるとは思わず、まさにオーマイゴッドである。テヘ^^;


このように。


自分から見た自分。

他人から見た自分。

は。必ずしも同じではなく、むしろそのギャップに驚くことも多い。


ミナサンはどれだけ自分を知っていると思いますか?

例えば。


○自分の長所と短所を、それぞれ3つずつあげてみる。

長所をうまく活用できていますか?

短所を直そうと努力していますか?


○今までの人生で、良い思い出、辛い思い出をあげてみる。

・・・どちらが多く出てきましたか?


○もし、過去に戻れるとしたら。やり直せるとしたら。いつに戻りたいですか?

やり直したいと思った方。 

それはナゼですか?


いかがでしょうか?

自分について、気付いたこと、感じたことはありませんか?



この先。人生には未来しかない存在しません。


過去を受け止め、糧にし、一歩ずつ前へ進む。


過去は変えられないが、未来はいくらでも変えられるはずなんです。


いつからか。


自分の可能性を否定している自分がいたり。

自分ひとりくらい。

自分を信じてあげたいものデスネ^^



というわけで。


僕は、今から政治家にでもなってこの国をかえる夢を見たいと思います。


コタツの中で ←カゼ引くなよ^^;

18:59CM(2)TB(0)EDIT

2010.11.12 *Fri

徴兵制とかアレコレと

僕は今の日本に徴兵制が必要なんじゃないかと思う。


もちろん、尖閣諸島問題を受けての日本の外交下手を嘆き、武力行使だ、9条の改正だ、専守防衛、いや軍事力を高めるんだ、という議論を強く推奨する。


というものでは全くありません。


むしろ、そういう議論が世論の中に巻き起こることを、以前から大変危惧していますし、
暴力による問題解決は100%間違っていると言い切れます。


ちなみに独裁にならない、強いリーダーの出現は必要だと思っております。
↑毅然とした外交が出来ていればそういった議論も抑えられるでしょうからね。


ただ、9条の改正、専守防衛については、そろそろ考えるべき問題だとは思いますが、それについても間違った方向にいかないよう、冷静に議論されるべきでしょう。
必要なのは、外交における各国との対等な関係にあると思っております。


さて、なんで徴兵制?

ということですが、ミナサンはどう思いますか?


えー見たいドラマが見れないじゃんーとか、飲み会あるんだけどーとか、遊びたいから嫌だっつーの。

ええ。全くもって正常な意見だと思います。

むしろ、お国のために命投げ出す覚悟だぜっってのはちょっと右よりでヤバイですよね^^;


ワタクシがそう思うのは、今の社会、特に僕らも含めた(入れてクダサイ^^;)若者世代については、不景気だといいながら、むしろ裕福すぎる環境にあると思っています。


裕福すぎる環境のため、好きなことだけを選択して生活が出来すぎる。


ただ、仕事して、恋愛して、結婚して、子供を生んで、親になる。

そういった平凡な生活では刺激が足りない。

だから、離婚率も多いし、少子化になるし、不倫や浮気するし、恋愛も長続きしない。

中には、薬など、より強い刺激、快楽を追い求める。


今、日本は中国に抜かれ、韓国にも迫られています。
学力も低下して久しい。
新卒者の就職率が悪いのも、学生の精神レベルの低下とも言われている。

過保護な社会がストレスに弱い人間を作り出している、そう感じます。


韓国には徴兵制がありますが、それがあの強いメンタリティを作り上げている一つの要因かもしれません。

そう、愛国心なんて、日本人は、今の若い人(僕も含めて)はほとんどないんじゃないでしょうか?

日本人に生まれてよかったな、くらいでしょうか。



なんとなくサメテイル人が多い今の社会に熱さを取り戻すためには、何か大きな刺激が必要ではないか、そんなことを思います。


それが、生きていることの実感、素晴らしさ、素朴な生活への回帰なのかなと思うと、その一つに、徴兵制という手段があるのではないか、そのように思いました。

いかがでしょうか?


かなり飛躍気味なことは僕自身感じますが、なんとなく伝わってくれると嬉しいです。

でも。

正直裁判員制度も行きたくないのに、徴兵で呼ばれたらホントは困るよね^^;


でも、愛する誰かのために頑張るということが、長続きしない今の日本人に、何か呼び覚ますものがあるのかな、そんなことを思ったりね。




ま。実際、徴兵に行ったとして、帰ってきたら。


溜まった分、しこたま遊んじゃうのかもなー^^;

意味ねーじゃねーか ワラーィ
15:54CM(0)TB(0)EDIT

2010.11.08 *Mon

右脳人間、左脳人間

日本人の8割は左脳型人間らしい。

右脳には、直感、感性、発想、芸術、図形処理、空間認識、絵画的思考などの能力があり、
左脳は、言語、理論、分析、計算を担当する。

ということらしい。


上の通りだとして。


自分は直感型だなぁとか。

理論とか、分析とか小難しいことは苦手だよという方。

結構いるんじゃないでしょうか?


そういう人が日本人の2割?

と考えると不思議ですね。

はい。



ワタクシは完全に左脳型人間でして。

物事を理論的に解明、説明することが大好きです。


でも。メンドクサイので。


好きな方でいいじゃん。


ということにしましょう。


さて。

これは誤解を生む発言かもしれませんが。


比較的、男性は理論派が多く、女性は直感、感性に優れていると思うわけです。


あくまで個人的な意見ですので、お許しクダサイ。


例えば男性は、ウソや言い訳を付くとき、しっかりとした筋道を立てて、完璧なシナリオを作り上げようとする人が多いのではないでしょうか。

トモダチと口裏を併せたり、時間や場所などのシチュエーションを作り上げるわけです。

小心者が多いのかもしれません。



でも、女性の言い訳は違いますヨネ。


なんとなくとか、そう思ったからしょうがないじゃんーとか。


ええー! と言うような感じでぶっこんできます。


男性諸君、このままでいいのかww


あと、会話の内容もそうですね。
男性はオチをつけたがります。

で。

結局、気が付くと下の話になってるわけですね ←好きなんだからしょうがないヨネ^^;



女性の場合、「あーこれカワイイ―」とか、感性に任せた話が多い気がします。
聞いていると、今日○○ちゃんがどうだったかとか、食事の話しとか、ムカついた話とか。

日常の情報交換という感じでしょうか。


男性はツッコミ、女性は同意する。

そんな傾向もあるかもしれません。


男友達が多い女性は男性的思考に近づくのか、面白い人が多いですね。


というか、会話において、男性の楽しませ方を知っている、というのが近いのかもしれません。

ま。トモダチになっちゃうから恋愛に発展しねーとか言ってキレられても困りますが^^;


ちなみにワタクシの場合、男友達が多いタイプの女性を好きになる傾向があります。

多分、女性的な人より、ノリがよくて元気な人を好きになってしまうんでしょうが、男友達から、「お前のこと好きになるヤツいるんだなー」とか言われたりするらしいデスネ。


ほっとけコノヤロ―^^; ww


男目線だとこんな感じかなーと思いますが、女性目線からするとどうなんでしょうね。


ま。

右脳だろうーが、左脳だろーが。男の考えてることなんて一緒ダヨネ ワラーイ
18:34CM(0)TB(0)EDIT


プロフィール

my-10

Author:my-10
ワタクシは、このブログに3つのテーマを設けています。

1つ目は「笑い」です。
まあ、笑いは健康、長寿に良いとされていますし、何より楽しいですよね。
あ、でもワタクシのブログは爆笑を狙っていません。
ややウケ、苦笑い、失笑。
失笑も笑いのうちですから。という持論で展開していきます。

2つ目は「成長」です。
自分はどういう人間になりたいのか。
自問自答していくことで、自己啓発に繋がっていくことが出来ればと思っています。
自分の成長と共に、読んでくださる方に、何か「気付き」に繋がるようなメッセージを送ることが出来れば幸いです。

3つ目は・・・「エロ」です^^;
下ネタがないと面白くもないブログになるので、ところどころに散りばめていきたいと思っています。
クドくならないよう、ソフトに下ネタを混ぜる技術を磨いていければと思っています。
もちろん、そっちの技術も日々進歩していきたいモノですね^^

そんなワケで、太く、長く、固く。
ブログを頑張ってイキたいと思います。

ええ。これが苦笑い、失笑ってヤツです^^; ワラーィ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (1)
時事 (3)
競馬 (1)
サッカー (2)
つぶやき (19)
音楽 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © ethics/bar All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。