This Archive : 2010年10月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2010.10.28 *Thu

ココロ

人はいつも不安を抱える生き物であると思う。


それは、恋愛であったり、仕事であったり、将来に対してであったり、はたまた自分はこのままで良いのか、存在意義といった漠然としたものまで多岐にわたると思う。
特に思春期には誰しもそのような不安や悩みに襲われやすいものだと思う。


そういった不安が全くないというのは、それだけ毎日が充実しているという証明と言えるし、又は、強がっている自分がソコにいるのかもしれない。

まあ、強がらずに生きるのも難しいけどね。


ココロをハダカにして、自分と向き合うと、意外と弱い自分が存在している事にふと気付く。


誰かの後押しが欲しかったり、ただ自分の行動や考えを認めて欲しい、そんなときもあるよね。


過去や未来、そして今、やはり不安や悩みというものは何らかのカタチで存在するだろうが、月並みな言い方をすれば、不安や悩みに打ち勝つことで、人はまたオトナへの階段を一段上るのだろう、と思う。




将来について、明確な目標を描けている人は少ないと思う。
でも、それは夢とかビジョンとかそんな大それたものでなくても良いと思う。

日々のちょっとした目標であったり、身近にいる誰かを目指してみたり。




将来、何かの道で成功したいという想い。

今進むべき道がワカラナイという迷い。

何かをしなくては、という焦り。



僕は、他人と比較して焦る必要はないと思うし、どっしり構えて身近な目標を立て、一歩ずつ前に進もうとする努力、これはナニモノにも代え難い尊いモノではないかと思うワケデス。


苦しんだ人は他人の痛みがワカル人になれるしね。



悩みや不安がある皆様へ。こんな言葉を贈りたいと思います。



今日、明日人生が終わるわけではない。


「今より早く」何かを始めることは出来ない。
今始めるのが一番早いのである。


物事に「遅い」という事はない。
一般論は全ての人に当てはまらない。


後悔せず、振り返らず、自分の信じる道を、自分のために、大切な誰かのために、ただひたすらに進め!





ちょっと疲れた時は、ココロをハダカにして、素直な自分と向き合うと楽になりますよね。
別に弱くてもいいじゃねーか、と思うわけです。
なんとなくココロに届いたゼという方。



ココロだけでなく、カラダもハダカにしてイタダイテ・・・エヘッ




エヘッじゃねーよ^^;ww


スポンサーサイト
14:22CM(0)TB(0)EDIT

2010.10.26 *Tue

就職について

こないだふと雑誌を読んでいたら、やはり新卒者の就職率は依然として低いらしい。
新卒者に対する期待度も低下しているのも原因みたいだね。

まあ、元々、就職してしばらくは仕事を覚える時間は必要だろうが、僕の世代なんかも含め、オトナになれ切れない成人が増えてきているし、長引く不況で、より社会が求めるモノが厳しくなってきていて、そういう社会で打ち勝っていく強さを見につける時間が不足してきているのかしれない。

実際、消費者の目も年々厳しくなっているよね。

これも情報社会が確立する中で景気も悪いから、余計に価格競争やCSに特化して消費者が異常に強くなる。
バランス悪いよね。
本来は、winwinの関係が望ましいのに、winwinって言葉自体聞かなくなったよね。

金払っていれば、オレは偉いんだみたいな風潮も間違いだよね。
対価を払うことで、望んだサービスを受けている。
本来対等な関係だよね。

ま。平たく言えば、お店で店員に偉そうにする人っているけど、見ていて気持ちいいものではないって話だね^^;


話を戻すと。


今の時代、どの企業も時間を掛けて人を育てている余力、体力がないのだろうから、新卒よりも即戦力の中途採用の求人にならざるを得ないのだろう。
うちの会社でも新卒者はほぼ皆無で、即戦力の20台後半以上の人で穴埋めしている。

ま。企業からすると若い人材は結局ほしい訳だから、景気が回復してきたら新卒の求人が増えるのは間違いないだろうけどね。
じゃないと中間層のいない弱い会社になっていくよね。


中途の場合、一旦なんらかの企業で実務経験を磨き、職務経歴書を工夫すればアピールのしようがあるけど、新卒の場合はまた違ったアピールをしないといけないワケで。
そりゃ資格があれば強いよね。
例えば不動産業なら、在学時に2級建築士と宅建とっておけば有利なのは間違いないわけで。

でも、所詮、人事面接してるヤツも人間だし(てか大抵総務系でしょ?)


会社にとって有益な人間か。

魅力を感じる人間か。

結局そういうコトだよね。


最近はコンプライアンス絡みの質問は多いと思う。
あなたが上司や同僚の不正を発見した場合、どうしますか?

とかね。


面接を受けた人の質問なんかを聞いておいて、事前に備えておくことも大切だろうね。
あとは、その会社の企業理念的なモノ、業界での位置づけ、どの分野で事業拡大を狙っているかとかを理解し、どんな人材を求めているのか、という点をキャッチするのは大事なことかもしれないね。


ま。採用面接なんて、自分の部署に配属する人間くらいなんで、ほとんどやんないんだけど^^;

てか、オレが面接に加わると、今までと違うって言われる。


「どうせやるなら、オレが会社変えてやるってくらいの気持ちで仕事してくれ」

「そういう気持ちがないんならやめといて」

みたいなことしかゆわんから。

熱すぎるらしいww
17:40CM(0)TB(0)EDIT

2010.10.23 *Sat

尊敬する上司について

僕には入社当初から大変お世話になった上司がいる。
兄貴と呼ぶのが近いかもしれない。
そんな存在。
それ程年が離れてないのに、社交に長け、30代半ばで支店長まで上り詰めた。(今の時代30代の支店長はそれほど珍しくないかもしれないが、やはり選ばれるのはほんの一握りの人だろう)


その上司が昨年末退職し、別の同業他社に転職した。


一昨年、うちの会社はグループ統合等の劇的な変化があり、会社が目指す方向性や企業理念等への様々な戸惑い、不満は別に彼だけが抱いていたわけではない。


僕も昨年、ほぼ同時期に同業他社へ転職を考えた。
昨年12月1日付けで東京の支店への配属まで話はまとまっていた。
将来性を考えれば好条件の転職であるのは間違いない。



が、結局支店長の説得、熱意に踏みとどまった。



ウチの会社も全国に十数の支店を持つソコソコの中小企業ではあるが、大手と呼ばれる会社で自分の力が通用するのか、より自分を磨きたい、そんな野望は誰しも持っているのではないだろうか。


これからまだ30年、下手すりゃそれ以上働かなくちゃならない。


一生勤める会社は早く固定できるにこしたことはない。退職金もあるしね。


ただ、逆に自分のキャリアが認められれば、より良い条件、将来性まで考えての転職はアリだと思う。



先日、支店長に、お前上京志向あるもんな。と茶化された。

オレは即座に、東京で勝負したいという想いを伝えた。


それを聞いていた部下がオレが転勤するなら着いていきたい!
って言うからかわいいから抱いてやりました。


なワケない。




僕が今部下にしてやれること。
その土台は冒頭の上司が作ってくれたと言っていい。


僕にとっての上司像とは、困ったらオレが助けてやるから、精一杯自分のやれることをやれッって言えること。
そして、本当に困ったとき、助けることが出来る能力を備えていること。


口では良い事を言っていても、誰しも自分が可愛い。


上司の機嫌をとりイエスマンになる。
部下の話を聞く余裕がない。怒鳴ってしまう。
なりたくない上司に気が付いたらなっている。
そんな人は世の中に数多く存在すると思う。


僕は昔から、下の人間を守るために発言することで上司に嫌われても良いと思ってきた。
それで僕が出世できなくなるとも思わないし、正当な主張を生意気としか取れない上司であれば、僕はその人に媚を売ってまで付いていこうと思わない。


上司は部下を選べるかもしれないが、部下は上司を選べない。


僕には兄貴と呼べる素晴らしい上司に出会った。これは恵まれたことだと思う。


正直、彼の転職が決まった際、ショックと同時に着いていきたいという気持ちは大きかった。



しかし、一方で


もうオレは1人立ちしなくてはならない。


これからはオレが若いヤツラを支えていかなければならない。



そう思った。


だから、


「お前、オレが呼んだらくる?」


の言葉に、僕は言葉を濁した。



違う場所であの人に追いつき、超えることが最高の恩返しですよね。兄貴。



15:27CM(0)TB(0)EDIT

2010.10.15 *Fri

岡田武史とザッケローニとかアレコレと。

たまには少しはサッカーに触れることにします。

正直サッカーの話は少し疲れる。
あまり見当違いなことを書きづらい。

とりあえず。

ザッケローニ監督についてはもう少し様子をみたい。

昨日岡田武史氏がカンブリア宮殿に出演していた。
僕は元々擁護派で、岡田武史氏は嫌いではない。
むしろ、人となりは好感を覚える。
ただ、村上龍氏が発したように、安易にまた代表監督と言えば、多くの人が異論を唱えるだろう。
僕もその1人。

純粋に考えて、日本代表が南アフリカW杯で好成績を収めたことは疑うべくもなく、また、相手チーム等の相対的な状態や幸運に恵まれたことも否定できない事実だろう。
だが、サッカーに限らず、ビジネスや恋愛などの人生全て、ほぼ運などの要素が多く関わるだろうし、幸運に恵まれることも含め、その評価されるべきものである。

すなわち、岡田武史氏は、監督としてそれほど評価できないという結論に達するのはおかしい。そういう話になる。
個人的には日本人の特性を生かした守備組織の構築、連携面では、少なくともフランスやギリシャといった国に比べて機能していたように思えるし、その面で世界的にそれほど劣っている監督ではないと思える。
むしろプレスをかけた場合の対応、前線で奪いそのまま縦に展開する、単純な攻撃意識、戦術に乏しいのだろう。だから攻撃に時間を要してしまう。
カメルーンのコンディションに助けられ、点がとれたからそのまま結果につながった。
まあそんなところでもある。
話が矛盾しているに聞こえるだろうが、両者からみた場合、こんなところだと思う。

日本は個人技において、一部通用する選手が出てきているものの、まだまだ世界で十分な位置にはない。
だが、それを打開していかなくては上は目指せないだろうが、目指す位置がW杯ベスト8であったとして、その実力に足りない日本がそこを目指すためには、より高い戦術なり個人能力の上達が必要だとすれば、岡田武史氏が適任ではない。それだけのことだろう。
また、その点(縦への打開)について、今のところザッケローニには光明が見える。
韓国との試合は大変見ごたえのある、好ゲームであったと思う。

サッカーファンは多種多様で、この国では代表ファンがやはりメインだろう。
少しずつ国内リーグの人気の土台が出来ていくだろうが、まだ代表人気に左右されるところだと思う。
代表ファンにも色々いて、W杯だけ見る人もいるだろうし、全部欠かさず見る人もいるだろう。
よくW杯だけが日本代表の目的ではない。という人がいる。
ごもっともである。
アジアカップもコンフェデもCOPA AMERICAも。
権威のある大会である。
が、最終目標がW杯であることはサッカー代表チームにおける当然の姿で国民の多くが望む舞台。
安易にそれを否定したところで大多数のコンセンサスは崩れないだろう。
そのように思う。
また代表または親善試合を軽視する人もいる。
余興に何を盛り上がってのかと。
どのチャンネルを嗜好するかは自由。
が、サッカーはそもそも娯楽。
親善試合を応援する人間もいるから、ビジネスとして成り立っている。
馬鹿にするようなものではない。

現在、ちょっと思ったことをつらつらと。
サッカーについてはしばらくあまり書くことがないような気がするが、元々試合の考察をしていたわけではなく、論じることが好きなだけなので、また思うことがあれば書きたいと思う。

18:26CM(0)TB(0)EDIT

2010.10.14 *Thu

一日一膳

さっき、おぃちゃんが突然けった(自転車)で倒れはったから、びっくりして。


お。おぃちゃん大丈夫かッ(σ・∀・)σ


て起こしてあげたら、荷物積みすぎたなぁ(汗)って笑ってた(´・ω・`)
ホッ^^;


ま、一日一善。

一日一膳でゎナイ。


ま。ワタクシ。三食昼寝付き。
夜ゎ添い寝付き希望デス^^


(´・ω・`)イヤン


オヤジ・・汗


こないだも若い女の子二人組がキョロキョロしてたから、どこいくん?って聞いたら、知ってる居酒屋だったから教えてあげた。

別にあわよくばご一緒に^^などと、思ってイナイ。

いゃ、ホントに ww


先日。道路に黒人サンが寝ていた。
みんな振り返るんだけど、見て見ぬフリ。

その日ゎメッチャ暑かったし、やはりほっとけず。

大丈夫っすか?

て聞くと、返事がナイ。


やべぇか?
と、思い肩をチト揺さぶって。大丈夫っすかぁ?


て、聞くと。
ダイジョーブって。


日焼け?(´・ω・`)


必要なくね?(^^;)



あと、チョット前に。

やはり。外人サンが電車の中で。
上小田井なんちゃらって、何語かよぅわからんけど、どぅやら上小田井に行きたいらしい。


ねくすと


って言っても通じない 汗 
しゃあねぇから。


ネクスツッ!


みたいにそれっぽく発音。

3回くらい言わされ、やっと通じた(つд`)罰ゲームかょ 



上小田井に着いて。


指で合図して、握手をかわし、さんきゅーさんきゅー言われ、みたいにテンション高めに答え。


コッチ振り向いて手をふるから、オレも手をふって(^^)/


あ、ナンカいいコトしたカモって思ってたケド。



よく考えたら。
そのあと、まだしばらく電車に一人(´・ω・`)


オィオィなんか恥ずくねーか。この空気感ッ(*/□\*) ww


外人のテンション↑↑


オソルベシ・・( ̄◇ ̄;) ww
16:35CM(0)TB(0)EDIT

2010.10.05 *Tue

「夢」=「幸福」の定義?

気高い夢を見ることだ。
あなたは、あなたが夢見た者になるだろう。あなたの理想は、あなたがやがて何になるかの予言である。
ジェームズ・アレンという人のお言葉。


「この世で一番哀れな人は、目は見えていても未来への夢が見えていない人だ。」
と、ヘレン・ケラーは言ってイマス。


ワタクシ、こうオモイマス。


夢や志を持つ事は尊いこと。


「夢」を問われた時に、どれだけの人間が即答できるだろう・・・と。


今を生きることに幸せを感じること。生きる意義を見出すこと。


これ以上の幸福が他にあるだろうか?今の時代これは簡単なことなのか?


・・・と。


真理は自分で探すもの。



ただ。

僕ならそう答える。

byエセ哲学者ww


最後に。



幸福とは己の内にあるものだと。

感じます。

最近。


トシとったのかなぁ。。。
15:54CM(0)TB(0)EDIT


プロフィール

my-10

Author:my-10
ワタクシは、このブログに3つのテーマを設けています。

1つ目は「笑い」です。
まあ、笑いは健康、長寿に良いとされていますし、何より楽しいですよね。
あ、でもワタクシのブログは爆笑を狙っていません。
ややウケ、苦笑い、失笑。
失笑も笑いのうちですから。という持論で展開していきます。

2つ目は「成長」です。
自分はどういう人間になりたいのか。
自問自答していくことで、自己啓発に繋がっていくことが出来ればと思っています。
自分の成長と共に、読んでくださる方に、何か「気付き」に繋がるようなメッセージを送ることが出来れば幸いです。

3つ目は・・・「エロ」です^^;
下ネタがないと面白くもないブログになるので、ところどころに散りばめていきたいと思っています。
クドくならないよう、ソフトに下ネタを混ぜる技術を磨いていければと思っています。
もちろん、そっちの技術も日々進歩していきたいモノですね^^

そんなワケで、太く、長く、固く。
ブログを頑張ってイキたいと思います。

ええ。これが苦笑い、失笑ってヤツです^^; ワラーィ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (1)
時事 (3)
競馬 (1)
サッカー (2)
つぶやき (19)
音楽 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © ethics/bar All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。